真珠の選び方
TOP > 真珠の選び方

貝から取れる真珠は自然によって作り出されるため、一粒一粒、巻き・照り・キズ・形・色が異なります。真珠を選ぶ際には以下の4つの項目をおさえてお選びください。
それぞれの項目においてレベルが高い真珠ほど価値が高くなり、値段も高価になります。

  • 巻き
  • 輝き・光沢
  • 形
  • キズ
  • 色

巻き

真珠にとって最も重要な要素のひとつが「巻き」です。
真珠は核と呼ばれる貝殻を真円形に削ったものを入れ、その核に貝自身が作り出す分泌物(=真珠層)で覆うように巻いていくことによって出来ていきます。
そのため、この真珠層が厚い真珠である程、光沢があり、深みのある色目の良いものになります。
巻きの厚さに加え、真珠層が緻密に重なり合い、かつ非常に滑らかな表面をしたもののみが美しい真珠の輝きを放ちます。

輝き・光沢

真珠が放つ「輝き」も「巻き」と同様に良い真珠を選ぶ重要な要素です。

真珠層の巻きが厚い上質な真珠ほど、この輝き・光沢が良くなります。「巻き」が薄いものでは、光沢・色目の良さは期待できません。

光沢が強いものは、真珠に映り込むものがシャープに見え、悪いものは、真珠にうつりこむものがぼやけて見えます。見極める際にはご自分の顔が写り込むかどうかお試しになってみてください。周りの景色や覗き込んだ顔の輪郭までわかるようであれば、輝き・光沢の点から上質であると判断できます。

輝き・光沢の悪い真珠では、「輝き」があっても、どこか「くすんだ」感じになり、 反射する光に「シャープさ」・「力強さ」が欠けます。真珠を近くでご覧になって「ボヤッ」とした感じに見えましたら照りが今ひとつという事になります。真珠の内側からの力強い光沢(照り)が出ているものをオススメします。

形

真珠の形は基本的には、ラウンド(真円形)のものが貴重とされています。
しかし最近では自然が生み出すバロックの不規則な形にも人気があります。ご使用になりたい用途によって形の違いを楽しんでいただけるのも真珠の良さです。

真珠の形は大きく分けて4種類に分類されます。

  • ラウンド
  • セミラウンド
  • セミバロック
  • バロック

アコヤ真珠の大きさでは直径10mm程度が最大級となります。大きいものほど貝が死ぬ確率が高くなるため、8mm以上のサイズになると希少価値が加わってきます。加えて完璧な真円の真珠は大きくなる程、希少価値があがります。
ただし、美しい形のドロップ(なみだ型)も自然が作り上げた産物として評価が高く、イヤリングなどのペアの真珠で形がそろっていれば、真円以外でも評価は高くなることもあります。
さらに個性的な形の「バロック(不定形)」、「オーバル(楕円)」や「ドロップ(なみだ型)」もファッションや用途に合わせればおしゃれの幅が広がります。

キズ

キズの少ないものが良質な真珠です。
しかし真珠は本来、貝が生み出す自然の産物によって生まれる宝石ですので、多少のキズはつきものです。
表面に出来る「針で突いたような小さなもの」から「エクボ」と呼ばれる盛り上がりやへこんだものまで様々な種類の傷があります。それ以外にも、真珠層が巻いていく際にシワのようになったものまで、まさに「生きた宝石」と言われる真珠ならではの特徴です。
実際にお選びになる際にはキズの多さ、大きさ、場所を選ぶポイントにしてください。

色

真珠には、形だけでなく色にも様々な種類があります。
貝の種類により真珠の色も違ってきますが、大きくは、ホワイト、ピンク、クリーム、ゴールド、ブルー、グリーン、シルバー、ブラックに分かれます。
一般的には、ホワイトパールやうっすらと色味の感じられる程度のカラーなら、どんなシーンでも問題なく身につけることができ、オールマイティーなーカラーと言えるでしょう。
最近人気の鮮やかなカラーに調色されたパールは、ひときわ存在感のある華やかな装いがパーティーや結婚式などのお祝いの席ぴったり。また、ブラックパールは不祝儀用というイメージが強いようですが、色味によっては華やかな席に向いているものもあります。
自分の好みのカラーが見つかったら、フォーマルで使える色かどうかなど、用途を確認して購入されるとよいでしょう。

真珠ネックレス、パールジュエリー、アクセサリーオーダーメイドのことなら、お気軽に当店までお問い合わせください。「アイ・ジェイ・エフ」