鑑定書と鑑別書について
TOP > 鑑定書と鑑別書について

IJFでは宝石鑑定士(GIA-GG)有資格者)が厳しい目でチェックした確かな品質のジュエリーをお薦めさせていただいております。
公的な機関による鑑定書・鑑別書に加え、IJF独自の品質保証書も提供させていただいておりますので、ご安心してお買い求めください。

鑑定書…ダイアモンドの品質を決定し記載するもの

鑑定書はダイアモンドにのみ発行されるもので、天然ダイアモンドのグレードと、形状や特徴が記載されています。
IJFの鑑定書は世界で最も権威があるアメリカのG.I.A.(宝石学研究所)が選定した “4C”と呼ばれる「Cut(カット)、Color(色)、Clarity(透明度)、Carat(重さ)」の基準によって行われます。鑑定書にはこれら4つの基準に沿ってグレードが記載されます。
一つのダイアモンドの鑑定に際してはダブルチェックと呼ばれる、二人の鑑定士が鑑定をする方法が取られます。万が一、鑑定に差異が生まれた場合は、さらに三人目、四人目のグレーダーが加わり、厳正な基準で鑑定が行われます。

GIA(Gemological Institute of America:米国宝石学会)

1931年にアメリカで設立された宝石学(ジェモロジー)の世界的教育機関です。
ダイヤモンドグレーディングの世界基準「4C」はGIAが考案しました。

GIA-G.G.(Graduate Gemologist:宝石学修了者)

宝石の真偽を判断する専門性の高い宝石学(ジェモロジー)のスペシャリスト。
宝石の知識だけでなく、ビジネスのノウハウやグレーディング・鑑別技術、そして倫理を兼ね備えて習得した者に与えられる鑑定士の資格です。

鑑別書…宝石の種類とそれが天然か人工かを記載するものs

宝石の種類と、その宝石が天然か人工かを鑑別する証明書です。
宝石が天然石であれば「天然○○○と認む」と記入され、人工的な処理が施されている場合は、どのような処理をしているのかの鑑別し記載します。
他にも、宝石の硬度・比重・屈折率・偏光性・多色性・蛍光性・分光特性などが記載されています。
また鑑別書は、ルース(裸石)の状態だけでなく指輪などに加工された状態からでも作成されます。
真珠に対して発行されるのは、この鑑別書になります。

真珠ネックレス、パールジュエリー、アクセサリーオーダーメイドのことなら、お気軽に当店までお問い合わせください。「アイ・ジェイ・エフ」